ないさんです。 日日是好日を意識した暮らし方、地域、歴史、景観などの普遍的な価値、人材の育成、子育てなどのテーマで、未来に向けた言葉をつづります。


by ないさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

東洋美人

a0003102_07070896.jpg
山口県萩市澄川酒造の東洋美人一歩。かおりから透きとおっていて、フルーティ。自分の中では、かつて飲んだ日本酒の中で一番。冷酒がお薦めなのもわかります。
今日は、羽生くん金メダル、宇野くん銀メダルで感動し、夜には親友たちの嬉しい話を聞けた幸せな好日。祝い酒としても最高の逸品。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-18 07:06 | グルメなライフ

好日の始まり

a0003102_23051416.jpg
岡崎で食べたうな丼です。上司お薦めのお店は隠れた老舗の逸品でした。身が厚く、食感良い厚みと焼き加減。濃いたれが合う。これで2,000円は素晴らしい。
午前中からいろいろ進めれた。
そして、うな丼の出会いが今日の好日の始まり。
視察先では、想像以上のおもてなしを受けました。そして、知りたくて悩みを共有し、解決してもらえる人と出会う。そこでいただいたのは、知識だけじゃなくて勇気。
充実しすぎて、予定時間を1時間も超過。
その後、貴重なご縁で繋がった人たちと久々の再会。
一度しか会っていない方が自分を認識していただいている。また新しいご縁も。
クランボルツの計画的偶発性理論は、ホントリアルだ。
今日の一枚もBilly Joel。僕の好きな音楽の傾向はBillyなのかと認識。広がる世界とストーリー。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-16 23:03 | マイライフスタイル
仕事を楽しむと仕事が楽しいは違うなぁ。
自分はどちらなんだろ。
○楽しいとき
学ぶことは好き。
ひとつのことが完成したとき。達成したとき。
わからなかったことがわかったとき。
他人と意気投合したとき。
興味が湧くとき。

●楽しくないとき
わからないことは眠くなってしまう。
先が見えないとき。
興味が持てないとき。

いろいろなことを幅を広げて考えるようになっている。それを人はすごいという言葉で評する。
いや、全くすごくない。僕には具体性が欠けている感じがある。それは経験則から来る側面を持ったものが多い。
ただ、そこに違和感を感じるものも多い。何かが当たり前として進んでいることに疑問を持ってみると、やはり?と思うことも多い。
昨日はそれをぶつけてみた。結果は自分の感じていたことは正解だった。ただ、そのことが別の現場では?と感じる感じで語られている。そこの経験則がないのをどう捉えていいかが一番の悩みどころだ。
どちらかといえば、今のところはひとつの目的に向かって突き進むものが多い。他の人はそこにモチベーションを持って取り組んでいる。
しかし、自分は俯瞰する視点が強くて、ベクトルを向けることに消耗していると感じる。

しばらくこの葛藤は続くんだろうな。

今日の一枚は、Billy JoelのGreatest Hits。少しずつ英語聞き取れるようになってるのかな。久しぶりに心を踊らせたいと思った。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-14 20:40 | マイライフスタイル
a0003102_00115969.jpg
自分にとって心の課題は、しなやかなマインドをどれだけ持てるかだ。キャロル・S・ドゥエックのMIND SETで書かれている「しなやかなマインドセット」。
比較的できていて、理解もしているけど、不意に意図していなかった問いや言われ方をされたとき、無意識に理論武装しようとする自分が出てくる。このときは、明らかに硬質的マインドセットになっていると感じる。だからこそ、意識的に素直に聞くことを心がけてはいるが。
ただ、一方で「違和感」も重要視している。この違和感の答えは、かなり正確だ。
しなやかなマインドセットと違和感の捉え方がかなり難しいことに気づいた。
傾聴だとか、素直にとかではない、このすみ分けを見定めなくては、自分の気持ちに反した行動になってしまうかもしれない。
これだけ寒いと、心が硬質化する前に体が固まってしまいそうだ。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-14 00:10 | 人材育成

アクティブな連休

a0003102_13531272.jpg
一昨日は徒歩で13,000歩以上、昨日は名城公園tonarinoを利用して12キロラン。今日は朝から知人と10キロランに、家族でプール。三連休をこんなにアクティブに過ごすのは、アウトドア以外では、初めて。とても気持ちがいいし、頭も冴える感じがする。
スマートウォッチを購入して、睡眠状態調べてるけど、購入時は、深い眠り状態のみで、6時間のときも。どれだけ脳が疲れてるんだと思ったけど、昨夜は良いサイクルで寝れていた。
ノンレム睡眠は、脳を休ませて、記憶を定着させるらしい。一方でノンレム睡眠は、頭は活動しているけど、体を休ませて、体に動きを定着させるらしい。ほんとのことは、ちゃんと調べてくださいね。
つまり、自分は、運動不足ってこと?ま、わかっていたつもりだったけど、改めて自分で勝手に納得(笑)
好い連休でした。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-12 13:52 | マイライフスタイル

蛇口からみかんジュース

a0003102_09205755.jpg
名古屋でみかんジュース蛇口初体験。一度やってみたかったんです。まさかのショッピングモールで偶然に。この日は朝から眼科と耳鼻科をウォーキングでハシゴしてたら、帰りの途中で贔屓にしている古本屋が在庫入れ替えで、文庫税込100円セールにも出会い、11冊も買ってしまった。
今日も好い日でした。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-11 09:20 | マイライフスタイル

寒い夜には。

a0003102_22412989.jpg
昨日、2軒目に入った沖縄料理屋で飲んだ古酒くら。25度の泡盛。弱いから全部は飲めませんよ。でも、香り、口当たりがいい。樫樽で醸造されてるそうです。僕が飲めそうな唯一の泡盛。
この寒さには、こういうお酒が良い?

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-08 22:41 | グルメなライフ
a0003102_20170463.jpg

a0003102_20170747.jpg
常々思いますが、意識高い系の話は最近どうでもいいと感じます。実践できているかとうかが大事だし、そもそも大切にするべき家族を犠牲にして、社会課題に取り組まれているなんて本末転倒だと思う。
ただ意識高い、真面目と見られている自分のギャップをリスペクトするかつての上司と分かち合えた貴重な日となりました。多様性の中には、自分も含まれますよね。最近、その辺りの感性をようやくわかるようになってきました。あとは、楽しむ要素がまだまだ弱いのが悩み。これからこれから。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-07 20:16 | マイライフスタイル

伝わる言葉のタイミング

a0003102_22463676.jpg
御在所岳の山頂は極寒でした。この氷瀑も見応えあった。平野部とのギャップがあったんだけど、今日は冬戻り。立春はどこに?
内発的動機付けを学んでいて、どう実践していいか考える機会が増えたけど、今日最高の褒め言葉を他の同業者の方からいただいた。朝の会議への励みにもなりましたし、今日はスイッチ入ったなぁ。
言葉には、その言葉に込められた想いとともに、間というタイミングがある。この前の贈り物と同じで自然とそれを与えられる人間になりたい。
今日は後輩の成長にも立ち会えた良い一日。
今日の1枚はオフコースのベストアルバム「i」
寒い夜、思わず小田和正さんの声が聞きたくなった。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-05 22:46 | 人材育成

大寒波の御在所岳

a0003102_20081373.jpg
大型寒波でも今日は日中は穏やか。御在所岳に行って娘とそり遊び。初めての雪山に喜んでいました。
標高1,212mの御在所岳は、考えてみれば、寒波が1,500mの位置にあり、想像を超える寒さになっていた。
客層はスキー客に子どものそり遊びに来ているファミリーから、樹氷などを目的に来る観光客まで。韓国から東南アジアまで幅広い外国人観光客も多い。
思えば、スキー客に限らない観光的雪山はここしかないのではないだろうか。実に不思議な光景である。
もちろん、冬だけでなく四季を通じて様々な景色となり、登山客も多く訪れる御在所岳は、古くは大化の時代からの歴史があり、花崗岩でできた地質、四季折々の木々と植物に恵まれ、さらには温泉まである。先人の知恵も重なり年間を通して多くの人を魅了し続けている。そして、麓にはアクアイグニス。新たな魅力が生まれる土壌がここにある。
気になるのは、ロープウェイ湯の山駅に直結する大きな橋が今建設されていることだ。完成すれば、御在所岳に最もアクセスしやすく、雪道の悩みも解決されるだろう。湯の山温泉にも何らかの効果はあるかもしれない。しかし、菰野町の麓には良いことなのだろうか。確かに登山客は、帰りは湯の山温泉、特にアクアイグニスに立ち寄る人は多いので、行きは橋を使って帰りは麓に降りるかもしれない。しかし、地元への波及効果は限定的になるのではないだろうか。宿泊ではなく日帰り客が増える、四日市インターから降りて通る道に、帰りはとこに立ち寄ろうかと考えることが、全く無くなる。
インフラ整備、ハード整備が生活において必要となる整備はもう終わっている。現在のハード整備は課題解消か、活性化のための仕掛けである。そうなると目先の利益や効果ではなく、波及効果を生み出さなくてはならない。国で流行るKPIなどのような時代遅れの発想では、見ないといけないことがますます見えなくなってくる。
あの橋が出来たあとにはどんな風に変わっていくのか見てみたい。

帰りの道中で聞いた今日の1枚。
土岐麻子「STANDARDS ~on the sofa~」
jazzを初めてまともに聞くようになったきっかけは土岐麻子のアルバム。特徴的なあの声に惹かれています。シティポップの曲調も好きだけど、土岐麻子の歌うスタンダードjazzは、本当にいい。

[PR]
# by t-naisan | 2018-02-03 20:07 | 登山紀行